カリフォルニア州のサプライチェーンの透明性に関する法律

カリフォルニア州のサプライチェーンの透明性に関する法律

カリフォルニア州のサプライチェーンの透明性に関する法律

検証

ティア1のダイレクトサプライヤーの28%に対して、3年ごとに監査を実施し、奴隷禁止法や人身売買法に違反するリスクがないことを確認しています。 当社は第三者検証機関を利用していません。 自社のサプライチェーンマネジメント(SCM)チームが、社内で開発した評価ツールを用いて検証作業を行います。

現在、当社のSCMチームは、当社の下請業者が労働者ブローカーを利用しているかどうかを確認することができませんが、近い将来、監査プロセスを強化する予定です。

監査

TOKグループは、サプライチェーンにおける公正な労働慣行に取り組んでいます。 私たちの内部監査チームは、直接取引のあるサプライヤーを対象に、発表された監査とサプライヤー調査を行い、私たちの反奴隷制および人身売買に関する企業基準の遵守状況を評価しています。 監査では、監督者や管理者との個人面談やグループインタビュー、施設の見学などが行われます。

認証

TOKグループは、直接取引を行っているサプライヤーに対して、取引を行っている国や地域の奴隷禁止法や人身売買法を遵守していることを証明することを強く推奨します。 しかし、私たちはそのような認証を要求しません。

アカウンタビリティ

TOKグループでは、「コンプライアンス行動基準」を制定し、奴隷や人身売買を禁止するとともに、これらの行為が州法、連邦法、国際法上の犯罪であることを認識しています。 違反行為を発見した場合、または違反行為の可能性がある場合には、直ちに所属するTOKグループ会社の社内規則で定められた連絡先に報告しなければなりません。

社内の従業員については、TOKグループの行動基準に違反した場合、解雇を含む懲戒処分の対象となることがあります。

トレーニング

TOKグループのSCMチームは、副社長1名を中心に、経営陣、エンジニア、スペシャリストなど、部門を超えたメンバーで構成されています。 SCMチームのメンバーは、TOKグループのサプライチェーンに強制労働が存在しないことを保証するために、会社の方針、慣行、手順、人権侵害の兆候を見極める方法などの研修を受けています。